瑞穂町のいいトコロを紹介

東京都の西多摩郡にある瑞穂町は、一般的にはそこまで知名度が高くない街です。でも知られていない、いいトコロがたくさんある魅力的な街なのです。新築物件を探している人にとって、思わず住みたくなるような、そんな特徴を紹介していきたいと思います。

一番の特徴は、水と緑が豊富だということです。例えば、緑が豊かな狭山丘陵には、7つの遊歩道が整備されており、六道山公園へ向かいながら、ハイキングを楽しむことができます。都会ではできない、自然の中でのんびりするということを、東京都にいながらできてしまうのです。
他にも狭山池公園があり、ここでは、自然観察池や、釣り池があります。さまざまな鳥や魚を眺めるもよし、釣りを楽しむのもよし、憩いの場として、そしてふれあいの場として楽しむことができます。
最も有名なのが、先ほども出ましたが、六道山公園です。何といっても、満開の山桜が魅力です。春には、公園いっぱいに咲き誇る山桜は、まさに桜吹雪。日本ならではの原風景がそこにあるのです。

瑞穂町ならではの特産品や名物もあります。町内で採れた、あるいは作られた加工品を、「みずほブランド」として町が認定しました。例えば、長岡地区の岩蔵街道沿いに咲いているシクラメンです。「シクラメン街道」とも呼ばれており、東京都内で最大の生産量となっております。
またお茶も有名であり、「東京狭山茶」は昔から高く評価されているお茶です。このお茶を利用した商品が数々と販売されており、どれも多くの人から高く好評をいただいているのです。

住宅が立ち並ぶベッドタウンではありますが、それと自然が融合して、非常に住みやすい街と言えます。都心への通勤・通学も可能ですし、国道16号線が走っておりますので車での移動も容易です。休日にどこへ行こうか思わず迷ってしまうほど、町内にも周辺にもいいトコロがたくさんあるのです。

いかかでしたか。東京都の中でも珍しい自然を前面に押し出したゆったりとした街並みです。東京に住んでみたいけど、「都会すぎるのはちょっと。」という方にはまさにうってつけの街です。新築の購入を検討している方は、瑞穂町を是非候補に加えてみてはいかがでしょうか。

瑞穂町の新築